サブリース(一括借り上げ)のメリットはありますが、契約の中で家主に固定的に家賃が支払われる期間が決められているのです。契約期間は普通2年で、家賃については2年で改定できるという決まりだと聞きます。不動産投資は、個人で所有している物件を転がすという場合もありますが、そうした好景気時のような売買差益を狙う投資ではなく、地道に家賃回収で収入を得るというわかりやすい投資です。今ではアパート経営などの不動産投資は、為替や株などより効果的な資産運用と認知されていますけれども、そういった事情があることから、不動産投資セミナーがしょっちゅう開催されています。不動産投資セミナーというのは、中古物件がらみのセミナーばかりだと思ってしまうかも知れませんが、建設用の土地を買うことも盛り込んだ新築アパート経営をテーマにしたものも意外に多いのです。万一の際の収入源として挑戦したマンション投資であったのに、かえって足を引っ張ってしまうような事態も起こり得ます。利回り重視と言われますが、ポイントとしては継続して家賃収入があるということが大事なのです。マンション経営の成果として好ましいのは、住んでいる人がそのまま買いたいと申し出てくれることだと思います。ですから、ちゃんと管理を重視してやっているマンションを買うことを心がけましょう。サブリースと言いますのは、不動産会社が借り上げた物件を又貸しすることにより、家主に定期的な収入を保証してくれるのですが、この金額については通常のやり方で貸した時の8ないし9割であると聞きます。アパート経営の場合、思ったよりも少ない資金で始められ、入居している人の数だけ家賃収入が見込めるので、収益の出やすい不動産投資としてチャレンジするという人が増加しているとのことです。不動産から収入を得ることができる収益物件には、毎月支払われる家賃による収益以外にも、購入時より高く売って儲けられるものもあるのです。賃料のような利益のことは国債の利子と同様に「インカムゲイン」、不動産の売却による儲けは資産の値動きによる収益として同様に「キャピタルゲイン」と言うケースもありますので、混同しないようにしてください。不動産投資がなぜ人気なのかをひとつあげるとしますと、はっきり言ってきわめて安定した投資だということだと思います。不動産投資を簡単に説明すると、家賃収入で利益をあげるだけの極めてシンプルなものだと言えます。不動産投資においては、収益をあげられる物件であるかどうかを判断する指標として利回りを使用することが多いですが、利回りを計算するやり方としてはいくつかパターンがあって、割と難しいものもあるということなのです。アパート経営に限ってではありませんが、アパート経営の時もそれぞれ特色のある管理会社が存在しており、中にはオリジナルプランのアパート向けローンを有しているところもあるみたいです。不動産投資がしてみたくて資料請求しただけでは、とんと条件の良いものが見つからないのは無理もないことです。食指が動く物件が少ないことは、利回りを調べたら認識できるものと考えられます。不動産投資の場合、素敵な物件の発見も重要ですし、経験のある担当者と親しくなることがこの上なく有意義なことになるのです。資料請求も自分にうってつけの営業マンに出会うための一つの手です。不動産投資で儲けたかったら、素晴らしい営業と付き合いを深めるのが理想なので、資料請求の副次効果として営業担当と連絡が取れるようになるのは、大変有意義だと言えます。